大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科
大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科での学生生活、イベントの紹介、お知らせなどを発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリスベンにて
ブログ担当者です。

なかなか記事を更新できなくて

申し訳ありません.

お知らせしたいことはたくさんありますが,

ついブログに書くことを忘れていて…

なるべく更新するようにしますので,

これからも訪問してください.



すっかり遅くなってしまいましたが,

今年の夏にオーストラリアのブリスベンで研修した

玉井先生の報告記事です.




G’day, mate!

イングリッシュネームNobbyこと、Noboru(玉井昇)です。

ただ今、オーストラリアのブリスベンにいます。

人口165万人を超えるオーストラリアで3番目に大きな都市です。

玉井先生ブリスベン01

現地のクイーンズランド大学でTESOLという英語教授法を学ぶ研修を受けています。

夏休みを利用した5週間の短期集中コースです。

玉井先生ブリスベン02

ちなみに、ブリスベン川を挟んで対岸に

サウスバンク・インスティチュート・オブ・テクノロジーという教育機関があります。

なんと、国際文化学科を今年3月卒業した柴田賢幸君がここで勉強していました!

もちろん、偶然の再開です。

なんと世界は狭いことか…まさに“It’s a small world !!!”です。

ブリスベン川を縦断しながら疾走する交通機関「シティキャット」というフェリーに乗って

彼が訪ねてきてくれました。

玉井先生ブリスベン03

玉井先生ブリスベン04

玉井先生ブリスベン05

私より少し前に来たばかりなのに、現地にかなり詳しい…

すでにブリ化 (brinalised)!?していました。

(ちなみに佐伯で養殖されているような魚のブリではなく、ブリスベンです爆)

週末、彼の案内で、郊外にあるローパイン・コアラ・サンクチュアリーに行ってきました。

州によってはコアラを抱っこすることが禁じられていますが、

ここクイーンズランド州は許可されており、私も初めてコアラを抱っこしました。

見た目は愛らしいのですが、人間の赤ちゃんみたいで結構重かったです。

ぬいぐるみではないので当たり前ですね。

玉井先生ブリスベン06

玉井先生ブリスベン07

↑柴田君はカンガルーをてなずけています。

玉井先生ブリスベン08

↑私が近づくと逃げ出すエミューもこの通り!

玉井先生ブリスベン09

なお、柴田君の学校の近くに

“Australia-Japan Friendship Stone(豪日親善の碑)”が立っていました。

関西空港の開港記念として天神祭をブリスベンで斎行した際に

それを記念して建てられたそうです。



柴田君はこちらで就職を考えているそうです。

彼らのような若い世代の人たちの活躍で、

日豪の友好的関係がますます深まってほしいと思います。

私はまもなく帰国しますが、

次回は柴田君が現地からのリポートを送ってくれると思います。

どうぞお楽しみに。

Cheers, mate!


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。