大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科
大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科での学生生活、イベントの紹介、お知らせなどを発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐世保・長崎研修旅行
国際文化学科の専門科目「現代日本論」は,

「原爆の表象」をテーマにしています。

この授業の一環で,佐世保・長崎への研修旅行を実施しました。

学生が16名参加,引率教員は「現代日本論」担当の野坂です。

1泊2日の行程で,貸切バスで一路佐世保へ。

セイルタワー

最初に訪問したのは,佐世保の海上自衛隊資料館(セイルタワー),

元自衛官の方が,軍港としての佐世保の歴史を詳しく話してくださいました。



浦頭引揚記念公園

次に訪れたのは,浦頭引揚記念公園内にある資料館。

戦後の引揚者の多くが佐世保に降り立ち,

ここから故郷へと帰って行きました。

戦争の記憶の一端に触れた思いです。



浦上天主堂

佐世保を後にして,次は長崎へ向かいます。

まずは爆心地に近い浦上天主堂。

堂内を見学し,被爆マリア像も見ることができました。

隣接する信徒会館の2階には被爆資料が展示されていました↑



新地中華街

1日目の行程は終わり,ホテル近くの新地中華街へ。

ここは横浜,神戸に並ぶ日本の3大中華街の一つです。



岡まさはる記念長崎平和資料館

第2日目,最初は岡まさはる記念長崎平和資料館へ。

ここは戦時中の日本の加害行為に関する資料が展示されています。

この日(12月11日),

南京大虐殺生存者である陳桂香さんが,

長崎での証言集会のため来日されていて,

午前中に資料館を見学なさっていました。

そして,私たちは,当時のことについてお話を伺うという

貴重な機会に恵まれました。



高島石炭資料館

その後,私たちは軍艦島クルーズに参加,

最初は高島にある石炭資料館を見学,

かつて軍艦島に住んでおられたガイドの方が,

模型を使いながら軍艦島での生活について説明してくださいました。



軍艦島

その後,船は軍艦島へ。

かなり波が高かったですが,無事上陸することができました。



トルコライス

軍艦島から戻った後は,ちょっと遅めの昼食。

長崎名物のトルコライスをいただきました。



原爆資料館

長崎原爆死没者追悼平和祈念館

最後に,長崎原爆資料館と,

併設されている長崎原爆死没者追悼平和祈念館を見学。



今回の研修旅行は,戦争の記憶を辿る旅でもあり,

また平和について考える旅でもありました。

頭と心を酷使する行程でしたが,

学生たちは,いろいろなことを感じてくれたのではないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://geitankokubun.blog.fc2.com/tb.php/16-a0edf434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。