大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科
大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科での学生生活、イベントの紹介、お知らせなどを発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアトレードショップ
10月20日(土),

大学の学園祭である芸短祭が行われました。

当日,たくさんの模擬店が出ましたが,

その中で国際文化学科の学生がフェアトレードショップを出店しました。

fair_trade_01.jpg

扱った商品は,

シャンティ国際ボランティア会(SVA)のフェアトレード商品です。

ちなみに,SVAは主に東南アジアの少数民族の文化教育支援をしているNGO団体で,

販売した商品は東南アジアの人々が制作した手工芸品です。

fair_trade_02.jpg

また,当日は学内でフェアトレードについて考える

ワークショップとパネルトークも行われました。

SVA大分代表の甲斐之彦さんもパネリストの一人として登壇し,

SVAのフェアトレード活動である「クラフトエイド」について解説してくれました。

(このイベント報告はこちらから


それまで「フェアトレードって、よく知らなかった」という学生も,

甲斐さんのご説明を受け,

「自分にもできる国際協力をしたい」という気持ちになりました。

fair_trade_04.jpg



以下は参加した学生の声です。

卒論でフェアトレードについて書くので今回参加しました。

商品もデザインが凝っていておしゃれなものが多くて,販売していて楽しかったです。

販売していて,まだフェアトレードの認知度が低い事を実感しました。

もっと多くの人に知って欲しいと思います。(国際文化学科2年Y.U.)



商品の販売を行っているときにたくさんの方たちがこの活動に興味をもってくださり,

商品を買って下さったときは本当にやりがいを感じ,うれしく思いました。

また違うかたちで国際協力できるなら是非参加したいと思いました。

今回の活動は私にとって世界に貢献するという大きな機会となりました。(国際文化学科1年Y.K.その1)



フェアトレードをするのは今回が3回目で,

種類も今までで1番多く,

可愛い手作りの小物やバック,ポーチなどがたくさんありました。

人と人との繋がりを直に感じることができ,

とても良い時間を過ごすことができました。感謝です。(国際文化学科1年M.E.)

fair_trade_05.jpg

私もこの国際文化学科で勉強をするまで,

フェアトレードがなにかを知らなかった一人でした。

自分たちで商品を売ることで,ただ商品を買ってもらうのではなく,

その商品の背景にいる方々をもっと多くの人に

知って頂けるようになったらいいなと思いました。(国際文化学科1年S.K.)



フェアトレードについて改めて考えさせられました。

販売については,一つ一つのものの値段が高く手が出しにくいのですが,

商品自体はとてもしっかりとしたものに出来上がっていて,

気に入って買ってくださる方もいたので良かったです。

今回のボランティアをきっかけに

フェアトレードをもっと広めていけたらいいなと思いました。(国際文化学科1年Y.K.その2)



あまりフェアトレードのことは詳しくなかったですが,

今回実際に自分で売ることで少しは作った人たちに貢献できたかなと思いました。

参加できてよかったです。(国際文化学科1年Y.N.)

fair_trade_06.jpg


スポンサーサイト

コメント
ありがとう(^_^)
芸短祭では大変お世話になりました。
sva大分の甲斐です。昨年に続いて参加させてもらってよかったです。
クラフト販売でも出店で、学生さんたちに東南アジアの少数民族の人たちの文化に触れてもらえた気がします。
パネルディスカッションにも参加させてもらって良い経験ができました。
また来年も良かったらお願いします。
[2012/12/04 15:50] URL | 甲斐之彦 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://geitankokubun.blog.fc2.com/tb.php/47-cbfbf90b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。