大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科
大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科での学生生活、イベントの紹介、お知らせなどを発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹田キャンパスでゼミ合宿
7月23日(土)から24日(日)にかけて、

竹田キャンパスで永田ゼミ(フランス文学)と野坂ゼミ(日本文学)の

合同ゼミ合宿を開催し、学生30名、教員2名、国際交流員1名が参加しました。

開会

竹田キャンパスは、大分市中心部から車で約1時間、

廃校となった下竹田小学校を本学が利用させていただいております。

23日(土)
  10:00 貸切バスで大学を出発
  11:00 竹田キャンパス着後、掃除
  12:00 昼食、自由行動
  13:30 野坂ゼミの発表と討議
  15:00 映画鑑賞
  17:30 バーベキュー
  19:00 温泉、自由行動
  22:00 就寝

24日(日)
   6:00 起床
   8:00 朝食
   9:00 永田ゼミの発表と討議
  10:30 片付け
  11:00 出発
  12:00 大学到着、解散

合宿のテーマは「原発問題」、永田ゼミと野坂ゼミの学生が、

それぞれフランスと日本の原発について報告しました。

野坂ゼミ発表

1日目は野坂ゼミの学生による日本の原発に関する発表。

・原発の歴史
・原発の仕組み
・放射能の影響
・原発事故について
・代替エネルギー

の5項目について報告しました。

熱心な聴講者

その後、映画鑑賞をして、バーベキューに突入。1年生と2年生が共にコンロを囲み、交流しました。

バーベキュー

翌日は、永田ゼミの学生が、フランスやヨーロッパの原発事情について発表しました。

永田ゼミ発表

フランスは原子力発電国。

その状況について説明があり、また別のグループは

チェルノブイリ原発事故後に菜の花を植えて土壌を再生する

ナロジチ再生・菜の花プロジェクトについて説明。

最後に永田講師が「原子力問題とデモクラシー」と題して

原発反対運動の特徴について発表しました。

原発という、話題となりながらも難しいテーマについて考える、貴重な時間になったと思います。

集合写真
スポンサーサイト

テーマ:短大・大学 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://geitankokubun.blog.fc2.com/tb.php/5-0b722b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。