大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科
大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科での学生生活、イベントの紹介、お知らせなどを発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度のスタート! 別府でのオリエンテーション
4月2日(火),本学の入学式がありました。

新しくスタートした国際総合学科の

新入生111名が出席。

今年度は中国・江漢大学から留学生3名も

来てくれました。熱烈歓迎!



4月6日(土),恒例の学外オリエンテーション。

昨年度までは太宰府天満宮と九州国立博物館でしたが,

今回は別府。

ずいぶん近くなりましたが,中身は大変充実していました。



大分駅に集合した私たちは,

貸切バスで別府のホテルニューツルタさんへ。

2013orientation_01.jpg

ホテルニューツルタの鶴田浩一郎社長が,

私たちのために別府観光の歴史と現在の取り組みについて

講演してくださいました。


別府八湯温泉道や温泉泊覧会,混浴温泉世界など

別府では温泉やアートを楽しむ斬新な企画が試みられています。


その中心で活躍されている鶴田社長のお話は,

これから観光や地域づくり,海外との交流を目指す

国際総合学科の学生にとって大変刺激的でした。



2013orientation_02.jpg

昼食は大分名物の「鳥天定食」です! ↑美味↑



午後は,バスで移動して,ゼミごとに別府の地獄をめぐる

フィールドワークを満喫しました。

「地獄」というのは,温泉の噴気などを利用して

旅行客を楽しませる,別府観光の目玉です。



2013orientation_03.jpg

例えば上の写真は竜巻地獄。30~40分おきに温泉が地上に噴出します。

また,血の池地獄では学生たちが足湯でゆったり↓

2013orientation_04.jpg



山地獄にはカバがいたりもします↓

2013orientation_05.jpg


かまど地獄には,温泉を利用した岩盤浴。

座っているだけで,足元がポカポカしてきますよ↓

2013orientation_06.jpg



8つの地獄それぞれに見所がありました。

外国人観光客も多く,彼らに楽しんでもらう工夫もいろいろ。

学生たちは,それぞれの地獄の特徴や気づいた点について

丹念にメモを取っていました。

後日,「基礎ゼミナール」で

この別府フィールドワークの報告会をして,

最終的に,ゼミごとにウォールペーパーにまとめます。



今週から本格的に講義が始まり,

大学内もにぎやかになってきました。

今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://geitankokubun.blog.fc2.com/tb.php/56-cb92cef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。