大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科
大分県立芸術文化短期大学国際文化学科/国際総合学科での学生生活、イベントの紹介、お知らせなどを発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア・アンコール遺跡研修旅行に行ってきました!!(その1)
国際文化学科の水野准教授と

国際文化学科・美術科の学生16名が、

カンボジアの遺跡をめぐる研修旅行に行きました。

以下は、その報告記事です!





8月21日

福岡を発ち、ベトナムホーチミンで乗り継ぎ、

やっとカンボジアのシェムリアップ空港に到着しました!

南国の暑さに触れ、みんなわくわくです!

カンボジア旅行1


8月22日

午前中はアンコール・トム。

ジャヤバルマン7世が創建したバイヨン寺院は仏教寺院です。

塔の上に刻まれた多くの観音菩薩の顔の大きさと迫力に圧倒されました。

でも、廃仏のために仏像が削られた痕跡が所々に見られたことには、心が痛みました…

カンボジア旅行2
(写真はバイヨン寺院)



昼食と休憩を取って、午後はアンコール・ワットへ。

カンボジア旅行3


世界最大のヒンドゥ教寺院は、本当に壮大でした。


中に入ると細かい彫刻が無数に施され、

特に回廊のレリーフに刻まれた物語は面白かったです。

カンボジア旅行4


彩色も遺っていて、もとはきらびやかな建物だったことがわかります。


カンボジア旅行5


江戸時代の日本人が残した落書きも発見!

カンボジア旅行6


カンボジアの暑さにまだ慣れなかったため、楽しかったけれど本当に辛い1日でした…(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://geitankokubun.blog.fc2.com/tb.php/8-057c6fd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。